お魚が食べたい

日本一の「八戸前沖さば」を食べて健康になろう!

皆さんは「八戸前沖さば」をご存知でしょうか?
「八戸前沖さば」とは協議会が認定した期間中に三陸沖以北の日本近海で漁獲し、八戸港に水揚げされたサバの名称です。

saba1

八戸前沖は水温が16~18℃で、サバの脂分が乗るのに好都合な環境とされており超絶美味なサバが取れるのです。
脂分が21%以上もあり、記憶力や集中力の維持に良いDHAや、動脈硬化やダイエットに良いとされ近年大注目されているEPAが豊富に含まれています。

真サバの脂肪分は12.1%が平均とされている中でトップシーズンでは30%もの粗脂肪分になる強者もおり、
もはやお肉といっても過言ではないほどジューシーでリッチな味わいを堪能することが出来ます。

id04_sub_03

また、八戸前沖さばは後味が良く消費地の飲食業界の方からは「日本一脂がのったサバ」と評価されているほどです。
サバにもいくつか種類がありますが、八戸前沖さばは、肉質が締まっている「真サバ」と肉質が柔らかい「ゴマサバ」の二種類です。
良質な「八戸前沖さば」をしめサバやサバの煮つけにしたら…想像するだけでヨダレが出てしまいますよね。

OR_0_640_00003651_2

id25_main

昔からサバは足が早いと言われ傷みやすいのが特徴です。
しかし、「八戸前沖さば」は八戸漁港から数キロ離れた沖合の漁場で漁獲されるため
新鮮なうちに水揚げされ、青森県民の食卓に並びます。
「旬な魚を地場でいただく」ということ以上に贅沢な行為はこの世にはないといっても過言ではありません!

img_0656f93149a42c7302dde80b573ebd93153075

近年は魚離れが進み、魚中心だった日本の食卓はここ30年ほどで肉中心に逆転してしまい、大腸がんなどのリスクが高まっています。
今こそ原点回帰で魚を日々の食事に積極的に取り入れ、「八戸前沖さば」と共に健康な体を作りましょう!

img_10

関連記事

  1. 朝からテンションMAX! 「館鼻岸壁朝市」
  2. ジャジーな大人の雰囲気を味わいに行こう「南郷サマージャズフェステ…
  3. 日本一のニンニクを食べて育った豚 「奥入瀬ガーリックポーク」
  4. はみ出ているのが正解!鶴亀屋食堂のマグロ丼
  5. 大迫力の山車はもはや芸術の域!三社大祭の魅力
  6. せんべい汁について
  7. 太公望集まれ!「赤石川の金アユ」の魅力
  8. 百聞は一食に如かず!「黒石つゆ焼きそば」

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP