体験する

ユートピアは青森にあった!「鯉艸郷」に行ってみよう!

「理想郷」。またの名をユートピア、シャングリラ。それはそこに行けばどんな夢でも叶えられると昔から人々の間で信じられてきた伝説です。
漢字は違いますが、理想郷もかくやといった「鯉艸郷(りそうきょう)」が青森県十和田市には存在します。

IMG_3142

まずは入口に向かい優しい受付のお姉さんに入場料を払い園内に入ると、真っ先に目につくのが展示されている昔ながらの農機具の数々。

IMG_3149

コンバインや精米機などがない時代は、土を耕してから
お米をお茶碗に盛り付けるまでにどれだけの時間と手間がかかるのか、
想像するだけで現代の恵まれた環境に感謝の念を禁じ得ない気持ちになります。

そしてその隣にはどこか懐かしさを感じさせてくれるアイテムが並んだ
お土産屋さんや、わらぞうり作りの職人さんが実際にぞうりを作っている姿などが見られます。

IMG_3152 (1)

さらに奥に進んでいくと、滝から小川が流れ、透明度の高い川には沢山の鯉がのんびりと泳いでいます。

DSC_1957

川を横目に歩いていくと、園内のアイドル、ウサギちゃんが在籍しているウサギ小屋が見えてきます。
ウサギの赤ちゃんが産まれた際にも開放してくれるので、運が良ければ悶絶しそうなかわいさのウサギの赤ちゃんに触れることも出来ます。

DSC_1962

その他にも日本リス、蝶々、とんぼ、鳥類等の観察もすることが出来ます。
夏にはブルーベリー摘み取り体験や、ホタル、かぶとむしの観察が出来るのでお子様連れにももってこいです。

そして、その先には花菖蒲園を中心として四季の花々が楽しめる山野草園などがあり、まさにユートピアの世界が広がります。
驚くのはその種類の多さ。初夏の頃は、500種類、20万株の花菖蒲をはじめとして芍薬、ポピーなどが美しく園内に咲き誇ります。

2013.7.6

花の命は短いとよく言われますが、かきつばたやあやめにくらべ、花菖蒲は種類が多いため長く花を楽しめるのが特徴です。
花菖蒲は江戸時代の中期から各地に自生するノハナショウブの変わり咲きを元に改良され発達してきた、日本が世界に誇れる伝統園芸植物です。

DSC_2005

DSC_2006

DSC_2011

さらに別名「のぼり藤」「立ち藤」と呼ばれるルピナスのまっすぐ天に向かって長い花穂を伸ばす姿は息を飲むほどです。

rupinasu

美しく花が咲き乱れる園内の建物は、炭焼小屋や水車をはじめ、茅葺き屋根の建物で統一され、風情のある佇まいとなっています。
その中でも、鯉艸郷のシンボルでもある茅葺民家「鯉艸亭(りそうてい)」では、囲炉裏や着物が飾ってある趣のある空間でお食事を頂くことが出来ます。

IMG_3173

園内の水車小屋ではたいたそば粉を使用した「手打ち水車そば」や青森県産野菜入りの手作りおこわ「わっぱとりめし定食」をはじめ、
他にも青森県ならではのスイーツ「なべっこだんご」、紅玉を使用した「りんご煮」、汁物の郷土料理「ひっつみ」などを堪能することが出来ます。
IMG_3179

DSC_2000

IMG_3177

お腹がいっぱいになったら鯉艸郷特製のブルーベリーソフトクリーム片手に再度お花を眺めるのもいいかもしれません。
花の美しさに触れて心豊かな時間を過ごす…そんな贅沢な時間を過ごしてみるのは如何でしょうか?

名称 手づくり村 鯉艸郷
URL http://www.risoukyo.com/index.html
TEL 0176-27-2516
住所 〒034-0106青森県十和田市大字深持字鳥ヶ森2-10
交通 電車・東北新幹線 七戸十和田駅
⇒ タクシーで約17分
自動車・八戸自動車道(高速)八戸ICより、国道45号線約45分 ⇒ 国道4号線 ⇒ 十和田市官庁街通りより約15分 ⇒ 鯉艸郷
営業時間 9時00分~18時00分
定休日 2016年4月29日(金・祝)~7月31日(日)
定休日なし
8月~10月 日曜日営業・平日要予約
11月~4月 冬期休園
予算 300円~
特徴 伝統園芸植物や山野草を眺めながらおいしい郷土料理がいただける所です。

関連記事

  1. 「黄金崎不老ふ死温泉」で永遠の命を手に入れよう!
  2. 日本一!!青森県の自由の女神
  3. 奥入瀬町 あぐりの里の魅力
  4. アメリカとジャパンのカルチャーがユナイトした『三沢七夕祭り』に行…
  5. かっぱに会えるかも?「奥薬研温泉夫婦かっぱの湯」に行こう!
  6. 十和田ビジターセンターについて
  7. 雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」
  8. 水と光と音が共鳴し合う「五所川原花火大会」

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP