つがる市

「黄金崎不老ふ死温泉」で永遠の命を手に入れよう!

永遠の若さ、不老不死。それは人類の見果てぬ夢、永遠のテーマです。
松本零士作の「銀河鉄道999」や手塚治虫の未完の大作「火の鳥」など、
不老不死をテーマにした物語は数多く存在します。

img_610916_11049022_2

そんな「不老不死」の名称を持つ温泉が、青森県西津軽郡深浦町舮作にはあります。
この温泉の名前の由来は、「この温泉で養生するといつまでも元気でいられる」という伝説や、「奏の始皇帝の命令で日本に不老不死の 仙薬を探しに来た除福が発見」、その伝説から名付けられたなど諸説あります。

この温泉の特筆すべき所は、露天風呂が日本海の波打ち際にあり、目の前に広がる美しい
オーシャンビューを眺めながら入浴できる所にあります。

23

日本海に沈む美しい夕日を眺めながら入る露天風呂。
それだけで長生き出来そうですが、もちろん泉質も良いことで有名です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩化物泉の入浴効果でよく温まり湯ざめしにくく、また殺菌効果も強く傷に効く事から「熱の湯」・「傷の湯」と言われています。
また、美肌に効くと言われているメタケイ酸と肌を滑らかにする炭酸水素イオンが豊富に含まれているため女性にうれしい「美肌の湯」でもあります。
ひょうたん型の浴槽からは黄金の温泉が沸き出てているため、黄金崎という名前が付けられています。不老不死と黄金、まさに人間の欲望を叶えてくれる温泉と言えます。

db1c7dcda7b40e32ebb28a54e1a8cfa4

また、不老ふ死温泉は日帰り入浴も宿泊も可能で、宿泊した場合は、目の前の日本海から獲れる新鮮で美味しい魚や地酒を堪能することが出来ます。

pho_fukaura_maguro_don

打ちよせる潮騒の響きが旅情をくすぐる温泉で、落陽を眺めながら
心の洗濯をしてみてはいかがでしょうか?

名称 黄金崎不老ふ死温泉
URL http://www.furofushi.com/
TEL 0173-74-3500
住所 〒038-2327
青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
交通 東北自動車道 浪岡I.Cより 2時間
秋田自動車道 能代南I.Cより 1時間30分
営業時間 海辺の露天風呂:8:00~16:00
定休日 無休
予算 大人600円・子供300円
特徴 お肌と健康に良い良質な温泉で心も体もリフレッシュ出来ます。

関連記事

  1. エリート花火が集まる『みさわ港まつり』
  2. 馬たちに会いにおいでよ!「駒っこランド」
  3. 奥入瀬町 あぐりの里の魅力
  4. 歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」
  5. ユートピアは青森にあった!「鯉艸郷」に行ってみよう!
  6. 十和田ビジターセンターについて
  7. ジャジーな大人の雰囲気を味わいに行こう「南郷サマージャズフェステ…
  8. 限られた資源について考えよう「六ケ所原燃PRセンター」

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP