体験する

本州最北端でイルカに出会える!浅虫水族館の魅力

本日ご紹介する「青森県営浅虫水族館」は、青森県青森市浅虫にある
本州最北端の水族館です。
そのため海に囲まれており、青森湾を望む景色の良さも魅力の一つです。

DSC_0500

ここ浅虫水族館では、世界の珍しい水生動物など約514種、1万1千点を飼育展示しています。
まず館内に入っていくとウミガメたちがゆったりと泳ぎながら「ウェルカ~ム」といった表情でお出迎えをしてくれます。
筆者が訪れた時には子ガメもおり、親子で泳ぐとても愛らしい姿が見られました。

DSC_1894

次に見えてくるのが「両生類」のコーナー。
イモリやトウホクサンショウウオ、青森県に生息する様々な種類のカエルたちが静かに来訪者の様子を伺っています。

DSC_0520

さらに歩き続けると、水族館の醍醐味と言える「トンネル水槽」が見えてきます。
長さ15m、奥行10m、水深3.5mの大きなトンネルはまさに海の中を歩いているような気分。
サメやエイが気持ちよさそうに頭上を泳いでいる姿は圧巻です。

b04e0926454eb7cd_h480

DSC_0534

その先には食卓でもお馴染みのイカやタコ、サンゴ礁などに生息する色とりどりの魚たちが優雅に泳いでいます。

DSC_0551

DSC_0543

DSC_0545

そしてそのお向かいさんには希少淡水魚コーナーがあります。
環境汚染や、大型外来魚の密放流により数が減り、文字通り希少となってしまった魚たちの生態を見ることが出来ます。

sinaimotugo

他にも砂からちょこっとだけ顔をのぞかせている姿が可愛らしいニシキアナゴや、普段美味しく頂いているけどあまり泳いだ姿は見たことない
ホッケ、マダラ、ハタハタなど「冷たい海の魚」たちを見ることが出来ます。

DSC_0560

さらに歩き続けると、お子様や女子が愛して止まないゴマフアザラシ、通称ゴマちゃんや、ペンギンなどのとってもキュートな「海獣コーナー」が現れます。
海のものなのか山のものなのか(海のものなのですが。)、中性的なゴマちゃんの魅力に筆者は釘づけになりました!

img_3

DSC_0628

ずーっと彼らを観察していると、そろそろ触れ合いたいな~という気分になってくるはず。
そんな時には「タッチコーナー」を有効利用しましょう。
実際に生きているウニやヒトデ、イソギンチャク、ヤドカリ、 カニ、ホタテ、ほやなどを手に取って観察することが出来ます。

DSC_7978

いくら「美味しそう…」と思っても持って帰ってはいけませんヨ(笑)。
このブースで海の生き物を実際に手に取って、触れることで、子供たちの動物への興味、愛情は格段に上がることでしょう。

そして最後に大取を飾るのは、なんといっても水族館のトップアイドル「イルカ」です!
浅虫水族館では平日は1日4回、土日祝日は5回イルカショーを行っています。

DSC_0593

係員さんの指示に従い寸分の狂いもなく魅せるパフォーマンスは「お見事!」の一言!
津軽三味線に合わせたダイナミックなジャンプや演技は胸が熱くなるほどです!

DSC_0603

また、このショーを通してイルカの鳴き声、カラダの作りや知能の高さをなどを知ることが出来ます。

DSC_0595

ショーが終わっても、イルカをまだ見ていたいという人には、「イルカプール」も開放されており、
イルカたちがリラックスして思い思いに泳いでいる姿が見られたり、
1日2回のお食事タイムには間近でご飯を食べたりパフォーマンスの練習をしている姿を見ることが出来ます。

DSC_0617

DSC_0615

海のかわいい仲間たちをすべて見終えてホッと一息つきたい時は、
カフェスペースの「マリンテリア」にて「あおい森の牛乳」を使用したソフトクリームやジュース、コーヒーなどがいただけます。

303d24e97e13b31b7ce1206142076309

また、ランチや小腹が減った時には併設されている「ここる食堂」にてカレー、ラーメン、パスタなどお子様に不動の人気のメニューがそろっています。

DSC_0630

さらに施設内には授乳室やおむつ替えシート、車椅子用トイレや観覧スペースなど、どなたでも楽しめるよう細部にまで配慮がなされています。

青森の海の生き物の生態を学びに、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

DSC_1898

名称 青森県営浅虫水族館
URL http://asamushi-aqua.com
TEL 017-752-3377
住所 039-3501 青森県青森市浅虫馬場山1−25
交通 青森空港よりタクシーで40分
営業時間 9:00~17:00
定休日 年中無休
予算 小・中学生 ¥510
大人・高校生 ¥1,020
特徴 青森県の海の生き物の生態を楽しく学ぶことが出来ます。

関連記事

  1. 弘前さくらまつりについて
  2. 青森県の母なる山「八甲田山」
  3. 「朝やげ夕やげ横やげ~ 大間超マグロ祭り」にみんな来せよ~!!
  4. 夏は出会いの季節!「涼婚」に出掛けよう!
  5. 宇宙人にもおススメしたい「八戸市種差海岸」
  6. 「黄金崎不老ふ死温泉」で永遠の命を手に入れよう!
  7. 奥入瀬町 あぐりの里の魅力
  8. 神秘の湖 「十和田湖」のご紹介

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP