お魚が食べたい

朝からテンションMAX! 「館鼻岸壁朝市」

サンライズ、サンシャイン。
日の出とともに活気に溢れる町が青森県八戸市にはあります。
八戸市を訪れたなら、寝ぼけまなこをこすり、足並み揃えいざ行かん朝市に!

八戸市では週末ともなると市内約11か所で朝市が行われており、その中でも最大規模の朝市が館鼻岸壁(たてはながんぺき)朝市です。

_Z287634

朝市と言えば新鮮な魚介や野菜、オシャレなところで言えば、オリーブやチーズなどが大量に並べられているイメージですが、館鼻岸壁朝市は一味も二味も違います。

八戸の朝市だけあって海鮮類は勿論の事、野菜、そばに揚げ物、せんべい汁など定番なものから、

2016050820373263d

10_asaichi_109

4a32eeb3110612b76c93b22b6168ccd4

多国籍料理屋にパン屋さん、かき氷に雑貨、骨董品、ミシン、おもちゃ、ひいては中古車まで揃う始末。

foodpic5922635

20160615071811

mig

つまりなんでもアリなんです。まさに混沌。まさにカオス。
でもこのめちゃくちゃ感がなんだかイイ。

約300店舗の多種多様な市場が連なる館鼻岸壁朝市は、いつ来ても大盛況。
値段もとってもリーズナブルかつ量も多いので、顧客満足度は非常に高め。

早起きしてもなんの徳も感じた事がない人でも館鼻岸壁朝市では絶対に満足いく買い物が出来るはず。

館鼻岸壁朝市は毎週日曜日、日の出とともに始まります。
早起きをして一度「館鼻岸壁朝市」に訪れてみませんか?

02203ai2240113575_1

名称 館鼻岸壁朝市
URL http://minatonichiyouasaichikai.com/
TEL 0178-80-7878
住所 〒031-0811
青森県八戸市新湊3丁目999
交通 JR八戸駅から車で約20分。
JR 八戸線陸奥湊駅から徒歩10分。
○八戸自動車道八戸ICから車で約20分。
営業時間 夜明けから
定休日 月曜日~土曜日
予算
特徴 日本有数の朝市で地場のグルメを朝から堪能することが出来ます。

関連記事

  1. 青森県の2大スターの共演「いちご煮」
  2. 青森の伝統スイーツ「なべっこだんご」でほっこりしよう
  3. 冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」
  4. 日本一の「八戸前沖さば」を食べて健康になろう!
  5. B級こそが正義。魅惑の「十和田バラ焼き」
  6. 大迫力の山車はもはや芸術の域!三社大祭の魅力
  7. ジャジーな大人の雰囲気を味わいに行こう「南郷サマージャズフェステ…
  8. ネーミングに圧倒!!味噌カレー牛乳ラーメン

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP