食べる

ネーミングに圧倒!!味噌カレー牛乳ラーメン

名前を聞いただけでノーセンクス!と思われる方も多い
青森B級グルメ「味噌カレー牛乳ラーメン」。

その名の通り、味噌と牛乳とカレーの味がするラーメンです。
「それって味がケンカしない?」と疑問に思いそうなところですが、そこはうまくバターがまとめてくれるのでご安心を。

misocarry

う~ん、味を想像するとなんとなくイケるような気がしてきませんか?

この「味噌カレー牛乳ラーメン」の歴史は意外と長く、40年前に元々北海道出身の佐藤清さんという方が考案したそうで、北海道にインスパイアされているだけあって、札幌ラーメンを彷彿とさせるものがありますが味わってみるとやはり札幌ラーメンとは一線を画する青森のソウルフードなのです。

コチラは札幌ラーメン
img_f3cR7i

「味噌カレー牛乳ラーメン」の見た目は普通の味噌ラーメンよりは白く、黄色がかっています。
麺は青森県民好物のちぢれの中太麺。
トッピングはチャーシュー、モヤシ、バター、ワカメとメンマを使用しています。

201012081316000

単なるカレーラーメンよりも優しく深い味わいに、素直においしいと頷くはず。

今でこそ地元に愛される存在となった「味噌カレー牛乳ラーメン」ですが、当時は裏メニュー扱いだったのに段々と味を認められ、今や県を代表する看板メニューとなりました。

本格的な味を楽しみたい方は是非下記のお店を訪ねることをおススメします。
■創業者の義弟・小田島敏也が守る味噌カレー牛乳ラーメンの宗家「札幌館」

img_0

■創業から「味の札幌」を支えてきた大西文雄が作る味噌カレー牛乳ラーメンの元祖「味の札幌 大西」

original_img001

食べてみたいけど中々青森まではいけないという方には、東洋水産からカップ麺「マルちゃん 青森味噌カレーミルクラーメン」も発売されていますので、是非ネットでゲットしてみてください♪

1211_misocurrymilk

奥深い青森の味、ぜひご賞味あれ♪

関連記事

  1. 後世に残したい郷土の味『じゅねもち』けー
  2. はみ出ているのが正解!鶴亀屋食堂のマグロ丼
  3. 奥入瀬町 あぐりの里の魅力
  4. 百聞は一食に如かず!「黒石つゆ焼きそば」
  5. 朝からテンションMAX! 「館鼻岸壁朝市」
  6. 太公望集まれ!「赤石川の金アユ」の魅力
  7. ポリフェノールヘブンな「諏訪内観光ブドウ園」に行こう!
  8. 青森の伝統スイーツ「なべっこだんご」でほっこりしよう

新着記事

本州最北端の南国!?『夜越山森林公園』

青森市の北東に位置する夏泊半島及びむつ湾の美しい海岸線を一望できる平内町の夜越山。今回ご紹介…

雪と氷の祭典 「十和田湖冬物語2017」

冬本番を迎え、まだ少し遠くにある春を待ちわびる今日この頃。冬場は楽しい事が何もないと思われがちな…

伝説のロックバンドが太鼓判!「にゃんごすたー」

青森県のゆるキャラといえば青森県観光連盟所属の "いくべぇくん" やアスパムの "ぱむぱむくん" 、…

冬季限定のお楽しみ♪「ホッキ貝」

ホッキ貝 (別名ウバガイ) は、冷水域の外洋に面した浅い海の砂底に生息する貝で、今まさにベストシーズ…

いがいがいがいが「いがめんち」♪

皆さん「いがめんち」をご存知でしょうか?「いが」は津軽弁でイカ、「めんち」は細かく刻むという意味…

歴史が息づく「三戸城跡県立城山公園」

青森県には80以上のお城が存在しますが、本日紹介するのは青森県三戸町にある県立城山公園です。灰色…

青森県の2大スターの共演「いちご煮」

みなさん、青森名物「いちご煮」って聞いたことありますか?青森県人以外の方には何やら聞きなれないワ…

酒の肴の金メダリスト!「貝焼き味噌」

飲酒率が全国でもトップクラスの、お酒が大好きな青森県民に欠かせないのが酒のお供。数ある酒の肴の中…

青森県にいる秋田犬「わさお」

古来より人間に癒しと喜びを与え続ける人間のパートナー、犬。日本犬には柴犬、甲斐犬、北…

飲ん兵衛集まれ!「黒石地酒まつり」の魅力に酔いしれよう!

青森県の男性は、1日に日本酒で3合以上飲むことを多量飲酒とした場合の多量飲酒量が全国1位という、まさ…

イベント情報

PAGE TOP